野洲市小学校の教師|率先して生徒にいじめをあおったか?発達障害と決めつけも?名前や学校はどこ?<滋賀県>

滋賀県野洲市の小学校で、男性教師が担当するクラスの男子児童に対して、いじめ発言などがあったということがわかりました。

その発言を受けてクラスの児童も同調するようになったということです。

 

 




 

 

現在、この男性教師は、体調不良により休職しているとのことです。

この件について調べてみたいと思います。

 

 
 




 

報道内容

 

滋賀県野洲市の小学校で、50代の男性教諭が特定の男子児童を「みんなでスルー(無視)しよう」と呼びかけるなど、いじめ行為をしていたことが分かりました。 野洲市教育委員会によりますと、問題の教諭は、市立小学校で2年生のクラスを担任する男性教諭(50代)です。 今年5月以降、授業中に質問をした男子児童に対して「本当に言葉を知らんな」「みんなでスルーしよう」などと、数回にわたり発言し、周りの児童らも同調するようになっていったということです。 今年7月の3者面談では、男子児童の保護者に「お子さんは注意欠陥多動性障害(ADHD)なので、検査を受けるべき」とも発言。 保護者からの指摘を受け、学校側は、教諭に聞き取りした結果「いじめ発言があった」と認定し、全児童の保護者の前で説明し、謝罪したということです。 教諭は先月中旬から「体調不良」により、休職しているということです。 男子児童は、学校を休むことなく登校しているといいますが、学校側の聞き取りに対して「言葉を知らなかった自分が悪い。ただ、同級生からも同じような言葉を言われたことは嫌だった」と話したということです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

滋賀県野洲市の小学校に勤務する男性教師(50代)が、特定の児童に対し、いじめ発言をしていたことがわかりました。

自身が担当する2年生の男子生徒に対し、発言を行ったようです。

その発言を聞いた、クラスの児童達が同調するようになったということです。

教師と同じような発言をしたのでしょうか?

その児童がこれから先、いじめられるかもしれないという考えには至らなかったのか。

いじめから生徒を守る立場の教師が、いじめを扇動するというありえないことだと思います。

発言が軽率すぎます。

 

 
 




 

男性教師(50代)の顔や名前は?

 

教師の名前についての報道はありませんでした。

・野洲市内の小学校に勤務する50代、男性

という情報のみです。

生徒が特定されないための配慮として報道されない可能性もありますが、

情報が入れば追記したいと思います。

 

 
 




 

小学校はどこ?

 

問題のあった小学校についても報じられていませんでした。

調べたところ、野洲市の小学校はこちらになります。

現在は特定できる情報もありません。

学校名も報道されない可能性もありますね。

 

 
 




 

いじめ発言の内容は?

 

いじめ発言があったのは、今年の5月月行以降ということです。

授業中に質問をした男子児童に対して、

「本当に言葉を知らんな」

「みんなでスルーしよう」

などと、数回にわたり発言していました。

まだ2年生です。

質問に対して、うまく答えられないこともあると思います。

フォローするでもなく、このような発言があったのは残念です。

クラスの児童に、「みんなでスルーしよう」などとあおるような発言をするとは、教師としてあるまじき言動だったと思います。

この教師は50代と言うことですので、経験が浅いわけではありません。

自身の発言の影響力をわかっていなかったのでしょうか?

 

さらに、この教師は児童の保護者に対して、

「お子さんは注意欠陥多動性障害(ADHD)なので、検査を受けるべき」

と発言しています。

決めつけたかのような発言だったと言うことです。

このような指摘が学校側から入ることは、少なくないようですが、このいじめ発言があっての決めつけには疑問を感じます。

 

 
 




 

学校の対応は?

 

学校は、保護者からの指摘を受け、教諭に聞き取りした結果「いじめ発言があった」と認定し、全児童の保護者の前で説明し、謝罪したということです。

 

夏休み中に、このクラス保護者会があり、担任の交代が発表されており、2学期からは、他の先生が担任を持っているようです。

50代の教師からは、クラスに宛て謝罪の手紙があったこともわかりました。

「先生のように人を傷つける言葉は絶対に言わないでほしい」

という内容だったようです。

 

該当の男性教師は、先月中旬から体調不良で休職中ということです。

このことについて、処分があるかなどはわかりませんでした。

 

男性教諭は男子児童の保護者に対して、

「一連の発言は明らかに私によるいじめです。発達障害の専門家でもないのに、安易に受診を勧め申し訳ない」

などと謝罪したということです。

 

児童は、

「言葉を知らなかった自分が悪い。ただ、同級生からも同じような言葉を言われたことは嫌だった」

と話しているようです。

現在も休むことなく登校しているということで、少し安心しました。

この先、このクラスの児童達が、楽しい学校生活を送ることを願います。

 

 
 




 

世間の声は?

 

先生が先陣を切って自分にとって気に入らない児童を「みんなでスルーしよう」と他の児童に持ちかけるのは言語道断です。 ただ、この手のニュースで気をつけたいのは、あくまで今回の件は先生が悪質で悪意があったが、「お子さんは検査を受けるべき」という言葉がいつでも必ずしも「先生のいじめ」ではないという事。 親が子どもの発達障害に気づいていない(気づきたくない、認められない)ケースで、子どもが普通級で「普通」を求められて苦しんでいる場合がある。 そんな時に親御さんに先生から「一度検査を…」と提案されることもあります。(学校に限らず、保育園や幼稚園でも) この場合はいじめでも見下しでもなく、本当にお子さんに適切な支援をしてあげたくて言っているので、そういう場合がある事も分かって欲しいです。 だから余計に、「発達障害」「検査の提案」をこうやって悪意ある意図で使う教師は許せない。

 

質問内容や詳細が分からないにしても ”発達障害(ADHD)と断定する” それに対して、”無視という対応をする事” さらに、”それを周りに促すこと” 全て間違えた対応ですよね 実際、家庭では気づかないが 学校では気付ける障害はあるでしょう それを疑うことは問題ないと思いますし その根拠をご家族に伝える対応などはあって良いと思います それは生徒の為を思った行動です 今回の対応は全て生徒の為ではないのが明白 全て、自分の為の行動

 

>「みんなでスルー(無視)しよう」と呼びかけるなど いじめを無くす教育者の人間がする行為ではない 言語道断…いくら謝罪をしたとしても傷ついた心の傷が元に戻る事は無い 親御さんに対して言った言葉も余程の自信があったのかは知らないが 医者でも無いのに勝手な判断で決め付け検査を受けろは良くない 言われた親御さんの心の傷も謝罪をしたからと元に戻る事は無い これで、今後も教師を続けるのかと思うとどうなのかね?と思う。

 

みんなの前で傷付く発言されたら学校行くの辛くなりますね(涙) 親御さんも胸が痛み辛かったことと思います。 実際に何度注意されても、おかしなタイミングで立って歩いたり場にそぐわない心無い言動をしてしまうような生徒はいます。そのような子に周りの子も教員も疲れていることも。 そこまでじゃないなら、上手くクラスコントロール出来る状況じゃなく、担任の苛立ちを八つ当たりされてしまったのかな。