山上徹也の映画は中止?イケメンでガチ恋する女性が多い?

安倍晋三元総理の銃撃事件の犯人である山上徹也。

そんな山上徹也をモデルにした映画が公開されるということが先日公表されました。

 

しかし、映画上映が中止になったということが話題になっています。

映画上映の中止の理由など詳しく見ていきましょう。




山上徹也をモデルに映画化決定?

7月8日、安倍元首相が奈良市で演説をする現実のシーンから、映画は始まる。山上容疑者がモデルの主人公・川上が、手製の銃で凶行に至るまでの人生を獄中で回想するという形式を取る。川上を俳優のタモト清嵐(そらん)が演じている。  父の自殺、兄の失明、そして母の統一教会(現世界平和統一家庭連合)入信。進学の道を断たれた川上が統一教会への怒りを募らせ、精神的に行き詰まっていく様を丁寧に追っている。暴力に訴えた川上に対し、彼の妹が批判的な視線を向けるなど、客観的に容疑者を描こうとしている。  脚本家の井上淳一さんが3日間でシナリオの第1稿を書いたのが8月初旬。ライブハウスを経営するロフトプロジェクトの出資が決まり、8月末にクランクイン。8日間で撮影した。ドラマ「あまちゃん」の大友良英さんが音楽を付け、今は編集の最終段階という異例のスピードで作られた。  足立監督は「事件を知って、大変なことが起こったと思うと同時に、映画を作ってきた身としては、これは映画で表現すべきだと感じました。山上の内面に迫ろうと思いました」と話している。今回の上映後、さらに整えて、年末には広く一般公開する予定という。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/b57cf66cb4958e3aaccf5c6c7db2d400914c7cfd

山上徹也をモデルにした映画を緊急で上映することが9月23日に公表されました。

映画のタイトルは「REVOLUTION +1」

 

9月3日にシナリオを初稿し、8日から撮影がスタートしたということが分かりました。

映画は、7月8日の安倍元首相が演説をしているシーンから始まるとのこと。

 

山上徹也のモデルである川上(主人公)の物語になります。

川上を演じるのは俳優のタモト清嵐さん。

統一教会への怒りを忠実に再現し、客観的に容疑者を描くこうとしているとのこと。




プロフィール

山上徹也は安倍元首相銃撃事件の当初41歳ということが公表されていました。

現時点で分かっている山上徹也のプロフィールは以下の通りになります。

 

名前:山上 徹也(やまがみ てつや)

年齢:41歳

生年月日:1980年9月

住所:奈良県奈良市

職業:無職

逮捕容疑:殺人

 

山上徹也は、報道当初は元自衛隊員というのが大きく報道されていました。

実際のところは無職で、自衛隊員を辞めた後は派遣社員として10年間勤務していたということが分かりました。

 

資格なども取得しており、頭がいいという可能性も考えられるでしょう。

10年も働いていた山上徹也でしたが、2022年の5月に退職しました。

どの理由で辞めたのかについては、現時点では明かされていません。




映画の公開日はいつ?

この映画は、日本赤軍の元メンバーで映画監督の足立正生氏が、安倍氏の国葬に間に合うよう急きょ製作した。安倍氏に対する殺人容疑で送検、鑑定留置中の山上容疑者の半生を描く内容とされ、26日以降、ガーデンズシネマを含め全国13カ所で公開予定だった。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/0c6e7765331595b7cfb83559e4da5f9d19232b73

山上徹也がモデルの映画の上映は、安倍元首相の国葬日である9月26日以降に上映されるということが分かりました。

しかし、映画の上映に対し「テロリズムを容認するのか」と抗議を受けていることが判明。

 

抗議を申し立てたのは、鹿児島市の映画館「ガーデンズシネマ」。

そのため、現時点では九州での映画の上映はないでしょう。

 

ガーデンズシネマの支配人は当初は、映画の上映に一任はしていたものと考えられます。

実際に、9月29日に上映するということを9月中旬に明かしていることが分かりました。

 

しかし、映画の内容が内容でもあるため「テロを賛美するのか」などの抗議が数件寄せられたということが判明。

ガーデンズシネマだけではなく、同じ商業施設に対しても抗議の電話がかかってくることもあったそう。

 

これほどまでに抗議の電話があった上に、同じ商業施設に迷惑をかけるわけにはいかないと判断したということを明かしました。

上映中止を公表した現在でも、批判のメールなどが続いているとのこと。

どれほど、山上徹也がしたことが現在でも傷心されている方がいるのかが分かりますね。




映画監督は足立正生?

出典:https://www.tokyo-np.co.jp/article/204216

映画「REVOJUTION +1」の監督の名前は足立正生さん(83)。

上記が足立正生さんのお顔になります。

足立正生さんは、永山則夫元死刑囚の心情を描いた映画「略称連続射殺魔」を手がけています。

 




山上徹也はイケメン?

出典:https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/98493

こちらが山上徹也の顔になります。

マスクをしているため、全体的な顔立ちは分かりません。

 

大きな事件を起こした山上徹也に対して「イケメン」という声がネット上で浮上しているとのことが分かりました。

実際に、山上徹也をイケメンと言っている口コミを見ていきましょう。

山上徹也の顔タイプすぎる…
イケメンだから無罪にしてあげてほしい

 

「山上徹也 イケメン」

で検索したら同じこと思ってる人結構いるじゃん

まさにハイスペック塩顔イケメンだよ。

なのに残念で涙出てくるよ

 

山上徹也。何度見てもイケメン。

そんなこと世間で言ったら怒られるかもしれないけど、私はめちゃくちゃタイプ。