落語家三遊亭円楽、悲しき死去..肺がんが悪化?コロナが原因?

落語家6代目三遊亭円楽さん(72)が帰らぬ人になってしまったという報道がありました。

三遊亭円楽さんは今年の8月11日に復帰したばかりでした。

 

そんな中での、悲しい報道。

詳しい内容についてお伝えいたします。

 

 




 

ニュース概要

日本テレビの長寿演芸番組「笑点」の大喜利メンバーとしてお茶の間の人気者だった落語家の六代目三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・會泰通=あい・やすみち)さんが死去した。72歳。東京都出身。22年1月に脳梗塞を発症し、リハビリを重ねて8月に高座復帰を果たしたが、軽度の肺炎でダウン。そのまま容体が悪化し、帰らぬ人となった。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9cd274df349a4facbd7b25ef2904aa56b7479946

人気な落語家として知られている三遊亭円楽さん。

我々に笑いを届け、たくさん笑顔にしてくれました。

 

その三遊亭円楽さんの悲しき死去…受け止められないという方もかなり多いでしょう。

幼少期から「笑点」を見ていた方や長年、三遊亭円楽さんを応援していた方も多かったことでしょう。

 

ただ、本当に三遊亭円楽さんに伝えたいことは「今までありがとう」という言葉なのは一緒なはずです。

三遊亭円楽さん、たくさんの笑いを届けてくださり、本当にありがとうございました。

心からご冥福をお祈りいたします。

 




 

プロフィール


本名:會 泰通(あい やすみち)

落語家名:三遊亭円楽(さんゆうていえんらく)

年齢:72歳

生年月日:1950年2月8日

出身地:東京都墨田区

 

1970年4月から青山学院大学法学部に在籍中から5代目三遊亭圓楽さんの鞄持ちのアルバイトをしていました。

その後、スカウトされ入門することになった三遊亭円楽さん。

 

当時は「楽太郎」という名前を名乗っていました。

その後、1977年8月28日より「笑点」のレギュラーとして出演が決まりました。

 




涙の復帰をしていた?

三遊亭円楽さんは2022年1月に脳梗塞を発症し、活動を休止されていました。

しかし、リハビリなどをされた甲斐があり、今年の8月に車椅子姿で復帰を果たしてくれました。

 

「みっともなくてもいいから、死ぬまでやります」

と涙ながらに覚悟を伝えてくれました。

 

これほど情熱的な方をみっともないと思う方はいません。

本当に言葉通り最期まで頑張ってくださりました。

 




原因は肺炎?コロナだった?

復帰後、三遊亭円楽さんは軽度の肺炎を患ったしまいました。

コロナだった?と心配されている方もいたのではないでしょうか。

 

三遊亭円楽さんの肺炎がコロナだったという情報は明らかになっていないため、不明です。

肺炎についめはその後、治療をし肺炎の症状は自体は良くなっていたということが明らかになっています。

 

その段階で患っていた肺がんの治療を同時に再開をしたということも明らかになっています。

その矢先に状態が悪化し、三遊亭円楽さんは帰らぬ人になってしまいました。

 

三遊亭円楽さんの死因は肺がんによるものとメディアで報道されています。

 




 

世間の声

幼少期のころ、笑点は親と一緒に見ていた家庭的なテレビ番組の一つだった。 始めは楽しさが理解できずにいたが、談笑の中にいる生活。 穏やかな環境を育むそのテレビは家族でよく見ていた記憶があります。 社会人となり、自分が家庭に入る頃、改めてふとした時にその穏やかな世界観に見入る時期もあった。時代の変革の中でも変わらないものがあり、それが大切であることを教えてくれているような感覚がこの番組の中にはあった。 変革の時代の最中にあっても、笑いの大切さをずっと残してくれたことに感謝します。 ご冥福を祈ります。

 

とても好きな落語家さんでずっと復帰を待ち望んでいただけにとても悲しい気持ちでいっぱいです。 最近の笑点を見ているとやっぱり少し物足りない感じがして、笑点には円楽さんのようなキャラクターの方が必要なんだなと感じていました。 また、円楽さんが三遊亭圓生の名前を継ぐのも楽しみだったし、本人もそれが果たせなかったのは心残りなのかなと思います。 とても悲しいですが、円楽さんにはゆっくり休んでいただければと思います。 今までありがとうございました。

 

昔、歌丸さんと小円遊さんとの掛け合いも楽しめたが、小円遊さんが亡くなり、円楽さんが歌丸さんとの掛け合いが笑点の売りだった。 メンバーの高齢化で過渡期の中、中心メンバーとして頑張ってきた。 高座復帰はなかなか難しいと思っていましたが、8月に元気な姿が茶の間に。 突然の訃報に驚いています。 博多の落語・天神祭りも円楽さんの人徳でしょうか協会の壁を越えて開催しています。今年も開催されるようです。円楽プロデュースとして。 本当に残念です。 合掌。