群馬サファリパーク|カピバラが女の子に噛みつき怪我!餌やりに問題?園の安全管理は?<群馬>

群馬県にある、『群馬サファリパーク』で、餌やり体験に来ていた6歳の女の子が、カピバラに噛みつかれました。

女の子は、頭や首、耳などを噛まれ、全治2週間の怪我を負っています。

 




 

 

動物園では、小動物とのふれあいコーナや餌やり体験などが人気ですね。

このような事故が起こってしまうのは残念です。

何があったのか調べてみたいと思います。

 

 




 

報道内容

 

群馬県富岡市岡本の群馬サファリパークを訪れた西毛地域の女児(6)がカピバラに頭や首、耳などをかまれ、9針縫う全治2週間のけがを負っていたことが関係者への取材で分かった。同園は4日、ホームページで事故の概要を発表した。 関係者によると、女児は9月27日に家族4人で同園を訪れた。午後2時ごろ、カピバラ4頭と柵の内側で触れ合い、餌を与えられるコーナーで、女児以外の3人がメス1頭に餌をあげていたところ突然、そのメスが女児に襲いかかったという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

9月27日、女の子は家族4人で、この『群馬サファリパーク』を訪れていました。

午後2時ごろ、カピバラ4頭と柵の内側で触れ合い、餌を与えられるコーナーで、女の子以外の3人がカピバラのメス1頭に餌を与えていたところ、突然そのメスが女の子に襲いかかったということです。

女の子は餌を与えていなかったようですが、餌は手に持っていたのでしょうか?

もらえなくて、欲しいから襲いかかったという可能性もあります。

女の子は、頭や耳、首などを噛みつかれ、9針を縫う怪我を負っています。

全治2週間だということです。

いくら可愛いカピバラでも、このように襲いかかってくるとは怖いです。

女の子の怪我の回復を願います。

 

 




 

『群馬サファリパーク』はどこ?

 

群馬サファリパーク

こちらが事故のあったサファリパークです。

 

 




 

カピバラはどんな動物?

 

ネズミの仲間で、現在地球上に生息している最大のネズミです。大人になると1.0~1.3メートルほどの大きさまで成長します。  日本でも多くの動物園で飼育されていますが、野生のカピバラは、南アメリカ東部アマゾン川流域を中心とした温暖な水辺に生息しています。ちなみに「カピバラ」は、現地の言葉で「草原の支配者」という意味があります。

カピバラはネズミと同じげっ歯類で、一生歯が伸び続ける動物です。げっ歯類特有の“伸び続ける歯”は、普段から繊維質のものを食べることで自然に擦り減っていったり、野生下では、硬い木や岩などをかじって、伸び過ぎないよう自分で調整したりしています。そのため、飼育下でもかじれる木材などを与えて自分で調整できるようにしています。

カピバラというとのんびりしたイメージがありませんか? しかし、じつは逃げ足が速く、なんと時速約50キロで走ることができるんです。人間が全速力で走っても追いつくことはできません。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

こちらに、飼育員さんがカピバラについて話してる記事があります。

歯が特徴だということがわかります。

大きな歯で噛みつかれたのですから、怪我につながる危険性もありますね。

温厚なイメージですが、それだけではないということもわかります。

 

 




 

園の対応は?

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

『群馬サファリパーク』は休園日の28日にこのメスを隔離しました。

29日は飼育員1人を付けてオス3頭でコーナーを運営し、10月1日以降は柵外からの観覧のみとしています。

餌やり体験は中止しているということです。

 

北村昭二園長は、

「カピバラは人に危害を与えない動物と認識し、これまで安全対策をしていなかった。けがを負わせて大変申し訳ない。安全な施設にするため努力をしていきたい」

と話しています。

 

餌やり体験などは特に人気がある催しだと思います。

このような形で、子供たちが動物に触れ合える機会がなくなってしまうのは残念だと思います。

安全確認・管理を見直してもらいたいですね。

 

 




 

世間の声は?

 

動物が攻撃してこないのは、変な言い方かもしれないけど動物の厚意の上に成り立っていると思います。 どんな動物種であっても親しくない相手、生態や反応をよく知らない相手に対する場合には、特に緊張、遠慮、配慮が必要です。 よく知る動物でも体調などで気が立っていることもありますので、観察、配慮、思いやりが必要ですね。

 

カピバラは温厚なイメージがあるけど、ナワバリや上下関係にはけっこう厳しく、喧嘩することもあります。そういうことがあるので、飼育員さんもあまり近づきすぎないようとか注意喚起するところもあります。 人に対しては危害を加えることはほとんど聞いたことがないので、よっぽど気に障ることがあったか、カピバラ同士で争ってるところに巻き込まれたのかと思います。 カピバラにも女の子にも罪はないけど、カピバラ好きとして今後規制が厳しくなる可能性があるかもしれないのが懸念です。 まだ6歳で正しいふれ合い方もわからないと思うので、親はちゃんと付き添って子どもを守るようにしてほしい。

 

普通に餌をあげてていきなり攻撃してくるなんて情景が全く浮かばないくらい、カピバラは大人しくて人間大好きでふれあい動物園には欠かせないアイドル的存在。 温厚な草食動物のカピバラが人を襲ったとしたら、何か引き金になることがあったんじゃないかと思ってしまう。 動物園大好きでよく行くけど、「保護者は子供から目を離さない」「大きな声や音を出さない」「追いかけない」とかルールがある。 保護者が自分の餌やりに夢中で、子供は奇声を発しながら動物を追いかけ回していたり、髭や耳を引っ張ったり、そんな子供に係の方が注意をしている場面もよく見る。 係の方が気付いていなかったら私は声をかけるようにしてる。 これがきっかけでそういう場が減ってしまうと悲しいなと思います。

 

こちらの動物園がどうかはわかりませんが、大体の施設ではすると危険なことなどは注意喚起がされていると思います。触れ合いイベントならばあらかじめしないでほしいことを直前に口頭で説明したりなどもあると思います。水族館が好きなので度々行きますが残念な子連れの大人を何度か見たことがあります。手を入れないよう注意喚起されているペンギンの飼育スペースに手を入れて孫に見せたり、直接スタッフさんに注意されたのに他の子もしてるでしょと小さな子供が抱っこされて手すりに足がかかってるのを見て小学生くらいの子に手すりに上るのを親の判断で許可したり。。カピバラ好きなので餌やり体験は娘と別の場所でしたことがありますが大人のカピバラは結構大きいです。理由もなく襲いかかるとは思えないですが、サイズ感や生き物であること、自分の子供の性格などそういったことを親が考慮し近づいた方がいいかとは思います。