大橋ひとみ理事長パワハラか?顔や経歴・学歴は?大橋医療高等専修学校

大橋医療高等専修学校で、理事長のパワハラが原因と見られる自主退学が

相次ぎ、生徒の約半分が退学していることがわかりました。

理事長は誰で、どのような人物なのでしょうか?

調べてみました。




報道内容

埼玉県川口市の准看護師学校「大橋医療高等専修学校」で、理事長のパワハラが原因とみられる自主退学が相次いでいることが「 週刊文春 」の取材でわかった。生徒の約半数が退学しているという。

問題が起こっているのは、学校法人愛輪学園が運営する「大橋医療高等専修学校」。2016年に設立され、医師や看護師の指示で診療補助を行う准看護師を養成する2年制の学校で、大橋ひとみ氏が理事長を務めている。

「原因は大橋先生のパワハラです」  こう語るのは別の生徒だ。同校は大橋氏も授業を持つが、まともに授業をしないことが頻繁にあるという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

大橋医療高等専修学校で、理事長のパワハラが原因で約半数の生徒が退学していることがわかりました。

理事長は大橋ひとみです。

多くの人が説明を求めていますが、現在のところ全ての質問に関して「お答えできません」と回答しています。




パワハラ問題の学校は?

問題があったのは、埼玉県川口市の准看護師学校「大橋医療高等専修学校」です。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

学校のホームページを見てみると、教育理念には

「人の尊厳を尊重し、看護の基本的知識・技術を自主的に学ぶ姿勢を持つ准看護師を育成する」

とあります。

パワハラが事実だとしたら教育理念に反していますね。

 

また、現役の生徒は文春の取材にこのように答えています。

「『生徒同士が助け合うアットホームな雰囲気』という説明会の言葉で、入学を決心しました」(現役生徒)

出典:https://news.yahoo.co.jp/

卒業率は低く、31人が入学し、卒業はわずか15人という年もあるようです。

アットホームな雰囲気ではなさそうですよね。

何かしらの理由がないと半数もの生徒が退学するわけがありません。

後に、どのようなパワハラがあったのかについても記載します。




大橋ひとみのプロフィール

 

出典:https://www.aiwagakuen.ac.jp/

名前:大橋 ひとみ

年齢:60代

職業:大橋高等専修学校 理事長

大橋ひとみの経歴

出典:https://bunshun.jp/https://bunshun.jp/

現在のところ大橋ひとみ理事長の詳しい経歴などは判明していません。

看護師、准看護師の資格を保有していて、学校の理事長であるので、

看護学校や看護学部を卒業していると思われますが、

学校のホームページにも情報はありませんでした。

また詳しい情報が入り次第追記していきたいと思います。




パワハラの内容は?

約半数もの生徒が退学するパワハラとはどのような内容だったのでしょうか?

生徒たちの証言をもとに、暴言をまとめてみました。

 

・うちの猫だって一回でわかるよ。

・守りたい。利用者を、患者を、ヘルパーさんを。あなた達から。下品な害虫から。

・残ったのはカスだけだったの。楽だよね、カスは。

 

どれをとっても酷すぎますね。

看護師であり、教育者である人が言うセリフではありません。

 

時にはほぼ説教だけで授業が終わる日もあったそうです。

大橋理事の指示でやっていない授業内容の記載をしたり、今後の目標を書かされたことがある生徒もいたようです。

 

また、卒業に関しても問題があり、資格試験に合格したのにもかかわらず留年させられた生徒もいたと証言があります。

 

暴言は吐く、留年はさせる…

とてもいい学校には思えませんし、約半数の生徒が退学するのも納得です。

人の命を助ける医療の現場でやっていくためにも、厳しい指導が時には必要なのかもしれませんが、

厳しさとパワハラでは意味が違いますよね。

理事長の言動から生徒は何も学べていないように感じます。

 

文春の記事が出てからも、学校側からは何も説明がないようですが、

学校の今後はどうなってしまうのでしょうか?




世間の反応

医師として働いていると、病棟などで叱責されて泣く学生や、平然と無視する看護師を見かける場面は多々あります。看護業界は脈々とそういう前時代的指導を受け継いでいる側面はあると思う。人の命を預かる業界なので厳しく指導することは必要かもしれないが、人権侵害やいじめのような指導はあってはならない。ただでさえしんどくて辛い業務が多く早期退職も多いので、業界全体で指導環境は改善していくべきでしょう。

 

一体この理事長は何のために授業をしているのだろうか?授業の意味を理解していないと思われる。自主退学者に対してはちゃんと入学金や支払った授業料を返納させるべきだと考えます。これからの時代高齢化を迎え、看護師さんたちの価値は高まりこそすれ減ることはないと思います。それなのにこのような教育をする学校があるのは遺憾に思う。国も介入して指導すべきで、必要ならこの理事長を解任すべきで、学校法人取り消しも検討すべきだと考えます。

 

ここだけではない。 看護学校は入学者が卒業時に半数もしくはそれ以下となっていることはある。国家試験の合格率の高さが招く闇だと思います。今にはじまったことではありません。 しかし、医師が行うことや、言っていること、カルテの読み解きなどを医師よりも短い勉学の時間で解るようにならなければならないことを考えると、スパルタ的な教育方法に一定の理解はできるが、時代錯誤だとも思う。 時代に則したやり方、学生の人間性に合う指導方法は必要なことだと思います。