岡本真理子の顔やFacebook!事故の原因は?絶えない高齢者事故!浜松市

軽乗用車が歩行者2人を跳ね、店舗にぶつかる事故が発生し、高齢女性が現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは、岡本真理子(78)です。

駐車スペースから発進して、生け垣を越え、歩行者用道路で2人をはねた後、店舗に突っ込んだようです。

一体なぜこのような事故が起こってしまったのでしょうか。

まず初めに、事件の詳細から見ていきましょう。




報道内容

29日午前10時ごろ、浜松市浜北区貴布祢の大型ショッピングセンター「プレ葉ウォーク浜北」の駐車場で、軽乗用車が歩行者2人をはね、店舗にぶつかった。2人は病院に救急搬送されたが、同区初生町の無職中村敏子さん(76)の死亡が確認された。一緒にいた中村さんの夫(78)は頭から出血して軽傷という。  浜北署は、軽乗用車を運転していた同区西美薗の無職岡本真理子容疑者(73)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて捜査している。  同署によると、車は駐車スペースから発進して生け垣を乗り越え、歩行者用通路で2人をはねた後、店舗に突っ込んだという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

2022年8月29日午前10時頃、歩行者2人をはね、その後店舗に突っ込んだとして、岡本真理子(78)が現行犯逮捕されました。

事故のあった場所は、浜松市浜北区貴布祢の大型ショッピングセンター「プレ葉ウォーク浜北」の駐車場です。

はねられた2人は夫婦と見られ、妻の中村敏子さん(76)は死亡、夫は頭から出血し軽傷を負いました。

一体駐車場で何があったのでしょうか。

岡本容疑者は一体どのような人物なのでしょうか?

プロフィールを見ていきましょう。




岡本真理子のプロフィール

岡本真理子の顔は現在報道されていません。

今後、報道されれば追記していきたいと思います。

名前:岡本 真理子(おかもと まりこ)

年齢:78歳

住所:浜松市浜北区西美薗

職業:無職

逮捕容疑:自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)




岡本真理子のFacebook

岡本真理子のFacebookを調べてみました。

名前で検索すると、同姓同名のアカウントが多数見つかりました。

しかし、現時点では、本人のものであると確信できるアカウントの特定には至りませんでしたので、掲載は控えさせていただきます。

高齢ということもあり、SNSはやっていない可能性が高いかもしれません。

新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。




事故の原因は?

施設へ突っ込むほどのスピードが出ていたとされる今回の事故。

原因は一体なんなのでしょうか?

現時点で、岡本容疑者の証言や警察による発表などの報道は出ていません。

しかし、一番考えられる原因は

アクセルとブレーキの踏み間違え

ではないかと世間では噂されています。

免許返納をしていないからだと非難する一方、政府の高齢者運転の対策に不満を持つ人も多くいるようです。

近年、多発問題として注目されている高齢者の運転事故。

高齢者講習や、免許の自主返納など対策はあるものの、事故が絶えません。

田舎などで交通の便が悪く、車がないと生活できない高齢者が多くいるのも事故が減少しない大きな原因とされていますね。

免許更新を1年単位にする

検査不合格者は即免許返納をする

自動ブレーキ搭載車のみの運転許可をする

など、世間からは様々な対策案が出されています。

政府には、一刻も早く対策案を提出し、事故減少に努めてもらいたいものです。

また詳しい事故原因について報道が出ましたら、次第追記していきます。




世間の反応は?

またアクセルとブレーキの踏み間違いだろうけどこんな不幸は起こしてはならない。 高齢者には免許更新に当たり実技試験と自動ブレーキ者限定免許を義務付けてほしい。

 

国も60才以上の爺さん婆さん達の高齢者事故を抑止していくためには もう法改正しかないと思う 例えば60才になった時点の爺さん婆さん達に認知機能検査 適性検査 技能試験を行い 合格者は1年事更新の繰り返し 不合格者は残念ながら免許返納等厳しい措置をしていかない限りは高齢者事故は減少していかないと思う

 

地方になればなるほど 車が生活するための必需品になる人もいるだろうから難しい問題だね……

 

長年連れ添い、余生を過ごしていたであろう妻を突然奪われる悲劇。 この短い記事を読んだだけで泣けてくる。 自分もいつ被害者、あるいは加害者になるか。 事故の恐ろしさを改めて認識し、それを防ぐための行動を徹底したい。

 

ここ最近、被害者も加害者も高齢者という事故が目につきます。 これが高齢社会ということなのでしょうか。