野崎裕也の顔とFacebook!自殺の指定されてた場所は?自殺ほう助の理由がヤバすぎた..

神奈川県相模原市の橋で女子中学生の遺体が発見されたと報道されました。

犯人として逮捕されたのは、野崎裕也容疑者(28)。

 

なぜこのような事件が起こってしまったのでしょうか。

また、野崎裕也の身元についても気になります。

詳しい内容を見てみましょう。

 

 




 

報道内容

 

 

SNSで知り合った女子中学生の自殺を手助けした疑いでさいたま市に住む28歳の男が神奈川県警に逮捕されました。 さいたま市に住む野崎 祐也容疑者(28)は、先月23日ごろ、横浜市に住む女子中学生の自殺を手助けした自殺幇助の疑いが持たれています。 野崎容疑者は、女子中学生を車で相模原市内の山中に連れて行き、中学生が橋で自殺するのを手助けしたということで、警察が周辺の川を捜索したところ中学生の遺体が見つかりました。司法解剖の結果、死因は分かっていません。 捜査関係者によりますと、野崎容疑者は、女子中学生とSNSを通じて知り合い、中学生の投稿には自殺願望をほのめかす内容が書かれていたということです。 調べに対して野崎容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。警察が経緯を詳しく調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/91e840853b6e07127198549fa0c0eac328ac9eb8

野崎裕也はSNSで知り合った女子中学生を山中に連れて行き、自殺するのを手伝ったとのこと。

もともとは、女子中学生が行方不明になっており野崎裕也は未成年者誘拐の疑いで逮捕されていました。

 

しかし、調査をする上で女子中学生が自殺願望者であることが判明。

野崎裕也は女子中学の自殺をほう助したとして再逮捕されました。

 

女子中学生は帰らぬ人となり発見されたということが明らかになっています。

一体、野崎裕也とはどんな人物なのでしょうか?

 

 




野崎裕也の顔とプロフィール

野崎裕也の顔が公開されていないかお調べしました。

こちらが野崎裕也の顔になります。

続いて、野崎裕也のプロフィールについて見てみましょう。

 

名前:野崎 裕也(のざき ゆうや)

年齢:28歳

住所:埼玉県さいたま市

職業:会社員

逮捕容疑:未成年者誘拐の疑い、自殺ほう助

 

野崎裕也の学歴や経歴などについては引き続き調査していきたいと思います。

 

 




野崎裕也のFacebook

野崎裕也のFacebookのアカウントは存在するのでしょうか?

野崎裕也のFacebookについてお調べいたしました。

 

しかし、野崎裕也と同姓同名が多くいるため特定することができませんでした。

こちら引き続き調査し、分かり次第追記いたします。

 

 




 

自殺の指定場所は?

野崎裕也が自殺ほう助をした女子中学生を連れて行った事件現場はどこなのでしょうか?

お調べしたところ、野崎裕也は女子中学生から指定された相模原市の山中に車で連れて行ったということが分かりました。

 

実際に報道でも事件現場が映されていました。

相模原市の橋は複数あるのですが、どれも高い位置にあるものばかりです。

こんな山奥で女子中学生は帰らぬ人になってしまいました。

 

野崎裕也に指示していることから、自殺願望がかなり強かったのではとも考えられます…

 

こういった事件が二度と起こらぬよう、願うばかりです。

亡くなられた女子中学生の方にご冥福ををお祈りします。

 




なぜ自殺をほう助した?

野崎裕也はなぜ女子中学生に自殺ほう助をしたのでしょうか?

自殺をほのめかす内容をSNSで投稿をしており、そのことに反応した野崎裕也。

 

野崎裕也は自殺ほう助したことについてはまとめているものの、現時点でなぜ自殺ほう助をしたのかについては分かりませんでした。

こちら引き続き調査し、分かり次第追記します。

 

 




世間の声

思春期の中学生の頃は、自我のめざめの時、「人はなぜ生きていくのか」「自分は何のために生きるのか」などいろいろ考える時期だ。深く考えても、生活体験が少なく、まだ世のなかを知らない時期でもある。ネットやテレビなどの情報ぐらいで想像している時期でもある。一昔前より情報過多で夢を持つことが希薄になったり、知らなくてもいいことまで目にしたり、コントロールもきびしい。家庭環境なども要因の一つだ。精神的に鬱の状態になることもあるだろう。だから学校や地域に相談窓口があったり、定期的に声を見守る制度が必要だ。中国はデジタルが進んでいるが、高校生まで携帯は禁止らしい。日本は放置なので、教育的に何らかの制御が必要だろう。

 

人間誰だって自殺願望とまではいかないまでも、このまま死ねたら楽だろなぐらいのことを思うことはあると思います。中学生くらいの年代であれば死にたいといったって本心からではなく、生きたいという気持ちと死にたいといった気持ちとの狭間で揺れ動くような年頃であろうことは想像がつくし、犯人のほうも犯人のほうで、他人の自殺を手助けするなどという行為のその真意は分りかねますが、本来であれば、悩みを聴いてあげて思いとどまらせるような方向に説得するというのがいい大人の取るべき行動ではなかったかと思います。

 

最近の若者は、SNSの普及で自分と他人を比較しやすくなり、自分が劣っているように感じやすくなった。 実際、ダメなインフルエンサーの「見て見て私って幸せなんだよ!!♡」といった類のSNSを立て続けに見ていれば、誰でも劣等感を抱くだろう。 そういった時代背景もあるし、そもそも、全ての「大人」は皆、昔は「子ども」だったのだから、「子ども」がどれだけ未熟で、傷つきやすく、不安定なのかは、「大人」なら理解しているはず。 大人ですら、不安、ストレス、プレッシャー、悩みから逃れることは出来ないのだから、子どもなら尚更。 視野狭窄に陥りやすい「子ども」を正しい方向に導くのは「大人」の役割だと思う。