KOHEY(YouTuber)が活動休止は鬱が原因?3人の女性と同棲で炎上理由がやばい!

67万人の登録者数YouTuberのKOHEYが活動休止をした理由について明かしていました。

一体、KOHEYさんには何があったのでしょうか?

 

KOHEYさんの空白の2ヶ月についての詳しい内容を見ていきましょう。

 




 

ニュース概要

KOHEYさんは、9月28日時点で登録者数67.2万人のYouTuber。女性3人と同棲生活を送るなど過激路線の動画で人気を博していたが、ショート動画を除けば7月11日公開の動画から2か月あまり更新がストップしていた。  「突然活動休止していた件について」と題して公開した動画でKOHEYさんは、活動休止期間中に「うつ病になって家で引きこもっていた」と述べ、「まだ僕自身も整理付いてるかどうかって言ったら付いてないかもしれないっていう状態」と明かした。  YouTubeでの活動と並行し、数か月前からもともとやってみたいと思っていたホストクラブで働き始めたというKOHEYさん。多忙につき、YouTubeを「1回サボっちゃおう」と思い立ち、7月からホストの仕事のみ続けていたものの、「突然よ。急になんか『眠いな』みたいな。『身体だるいな』みたいになってきた」と振り返った。  最初は「二日酔いのせいではないか」と意に介さなかったというKOHEYさんだが、同様の症状が何度か現れるようになり、「で、急によ。パーンってなんか切れたね。切れたっていう表現が合ってるのかわからんけど、なんか欲求がどんどん薄れていったよね。無気力。飯に興味ないとか、別に今この状態で人に会いたくないとか」と述懐した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/f1bc19549d23149373d4c72db8ed3cc782ff1a61

KOHEYさんが今から2ヶ月前から自身のYouTubeを上げないことが話題になりました。

空白の2ヶ月間と言われたこの期間。

 

KOHEYさんは突如の活動休止について26日に動画をアップし、理由についてお話しされました。

実際の動画がこちらになります。

 




プロフィール

KOHEYさんがどんな人物なのかプロフィールを見てみましょう。

 

名前:山藤 滉平(さんとう こうへい)

年齢:26歳

生年月日:1995年11月25日

出身:兵庫県宝塚市

身長/体重:184cm/70kg

最終学歴:美容系専門学校中退

職業:YouTuber

 




KOHEYの活動休止の理由は?

KOHEYさんの活動休止の理由は鬱病であるということを動画にて明かしました。

活動休止中は家に引きこもっていたということが分かりました。

 

現時点でも、「まだ整理がついてないのかもしれない」と言っているためまだ状態が万全でないということが分かります。

KOHEYさんが自身の異変に感じたのは今年の7月頃とのこと。

 

「眠い」や「身体がだるい」といった症状が突然襲ってきたとのことでした。

その後、全ての欲に関して薄れていったKOHEYさん。

 

さすがに現在の状態がよろしくなく異常であると感じたということを明かしています。

KOHEYさん曰く、鬱病の原因はやりたいことが「明確になっていないためなのではないか」と思ったとのこと。

 

KOHEYさんにとって、新しい世界を知るのはワクワクすることでありとても刺激的だったのでしょう。

また、新しくしたいと思えることができることを願うばかりですね。




KOHEYの炎上理由がヤバい!

KOHEYさんといえば、女性関係についての動画をよくアップしているイメージが強いですよね。

疑似結婚生活や、女性3人と同棲していたりなどかなり刺激的な様子を動画にアップされています。

 

KOHEYさんの過剰路線の動画により、炎上することも度々見受けられます。

KOHEYさんはこれまでどのような理由で炎上してきたのはノナさんの裸を晒したためです。

モザイクがある状態ではあったものの、多くの人が見ている中で裸を晒されるというのは耐え難いこと。

 

ノナさんはKOHEYさんに動画自体を消してほしいと伝えたということも明らかになっています。

ただ、NGなしの企画に参加をしたのにという意見がKOHEYさんにはあったということを語られていました。

 

また、動画参加も強制をしていないためノナさんに問題があるということを話していたことも明らかになっています。

実際の動画がこちら。

強気であることが伝わりますね。

KOHEYさんの動画に関する情熱も分かりますが、ノナさんの気持ちを考えると、胸が苦しくなります。

 



世間の声

人間大体そんなもんだと思うのだけれど。 それでもやれる人か、やれない人か。 だと思う。 心無いかもしれないけれど、うつ病だと言って休んでる人よりも過酷な心身状態で日々仕事に励んでる人の割合の方が多いと思う。 休むことを選択できる人は休めばいいし、そうでないなら結局は自己判断。 理解のある人達は助けてくれるだろうけど、実際問題職場で「最近ちょっと鬱っぽくて」とか言われてもそんなの皆抱えてる問題だし、カウンセラーにでも話せよ。と思う。 けれど、本当に壊れる前には休むべき。

 

医者によって判断基準が違うのかな。 自分は似たような症状にプラスして急に涙出るわ、人の話も理解できなくなるわ、本も一行ぐらいで読めなくなるわで、それでもうつ病ではなく抑うつ状態って診断だった。 薬も合うものを探しながらだから治療も1年間以上はかかった。 結局、発達障害まで診断されて、不安を抑える薬は減ったものの、5年以上経った今も飲んでる。 うつ病なら病院に自分で来れないとか言う人もいるし。

 

医者によって判断基準が違うのかな。 自分は似たような症状にプラスして急に涙出るわ、人の話も理解できなくなるわ、本も一行ぐらいで読めなくなるわで、それでもうつ病ではなく抑うつ状態って診断だった。 薬も合うものを探しながらだから治療も1年間以上はかかった。 結局、発達障害まで診断されて、不安を抑える薬は減ったものの、5年以上経った今も飲んでる。 うつ病なら病院に自分で来れないとか言う人もいるし。