小林伸吾の顔や経歴・学歴は?経営する飲食店はどこ?神奈川県厚木市長息子逮捕

2022年9月29日、持続化給付金詐欺の容疑で男女3人が逮捕されました。

リーダー格と見られる男は、厚木市長の次男小林伸吾容疑者(45)です。

小林容疑者について調べてみました。

報道内容

個人事業主を装い新型コロナの給付金をだまし取ったとして、男女3人が神奈川県警に逮捕された事件で、主犯格とみられる45歳の男が厚木市の小林常良市長の次男であることがわかりました。 9月27日に詐欺の疑いで逮捕され、29日に横浜地検に身柄を送られたのは、住所不定の小林伸吾容疑者です。 関係者によりますと小林容疑者は厚木市の小林常良市長の次男だということです。 神奈川県警によりますと、小林容疑者はおととし7月、男女2人とともに虚偽の持続化給付金を申請し、国から現金100万円をだまし取った疑いがもたれています。 小林容疑者は主犯格で指示役とみられ、複数の知人らとともにSNSで持続化給付金の申請代行をうたって申請者を募集。 支給された金額の一部を手数料として受け取っていたということです。 調べに対し、小林容疑者は、「答えたくありません」と供述を拒否しているということで、県警は、小林容疑者がこれまでに1億円ほどの不正受給に関わっているとみて調べを進めています。 また、厚木市の小林市長は、「次男逮捕の報道を受け、ただただ驚いているというのが正直な心境です。 容疑が事実であれば到底許されるものではなく、次男には取り調べに対して真摯に向き合ってほしいと願っています」などとコメントを出しました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

新型コロナの持続化給付金を国から騙し取ったとして、

指示役の男ら3人が逮捕されました。

 

3人は、2020年7月〜11月にかけ、

約100人分に当たる計約1億円の不正受給に関わった疑いが持たれています。

 

リーダー格と見られている小林伸吾容疑者(45)は、

厚木市長の次男とされていますが、取り調べに対し容疑を否認してます。

 

小林市長は

「ただただ驚いているのが正直な心境です。容疑が事実であれば到底許されるものではなく、真摯に向き合ってほしいです。市民の皆様に深くお詫び申し上げます。」

としています。

 

市長の息子による給付金詐欺ということで、多くの方が驚いたと思います。

市長の今後はどうなるのでしょうか?

 

事件の詳細

 

小林容疑者ら3人は、2020年7月、アルバイト男性が個人事業主だと偽り、

給付金100万円を詐取したとされています。

 

小林容疑者の男の指示で、SNSに「申請を代行する」などと書き込み、

アルバイト男性を勧誘し、この男性の名義を使い、

インターネットで虚偽申請しました。

小林容疑者らのグループは、アルバイト男性から手数料として40万円を受け取っていました。

 

他にも約100件、合計約1億円にのぼる被害があるということです。

 

小林伸吾のプロフィール

出典:https://news.yahoo.co.jp/

名前:小林 伸吾(こばやし しんご)

年齢:45歳

出身地:神奈川県厚木市

職業:不明

逮捕容疑:詐欺

 

小林伸吾の学歴・経歴

現在判明している小林容疑者の学歴・経歴はこちらです。

 

・厚木市生まれ

・帝京科学大学(卒業)

・有限会社かじや代表取締役

・2015年4月 神奈川県議選に藤沢市選挙区から出馬し落選

・2019年9月 神奈川県議補線に伊勢原市選挙区から出馬し落選

 

現在のところ、以上の情報が入っています。

Twitterでは、小林容疑者が2019年に出馬した際の写真が掲載されていました。

 

小林家は専業議員一家のようでしたので、

小林容疑者も議員選挙に2回立候補していますが、

2回とも落選しています。

うまくいかずに、犯罪に手を染めてしまったのでしょうか?

 

また新しい情報が入りましたら、追記させていただきます。

 

経営する飲食店はどこ?

2015年に出馬した際の出馬票の代表的肩書きの欄に

「飲食店経営者」と記載されており話題となっています。

リーダー格の45歳の男は厚木市内で飲食店を経営していたほか、12年9月の県議補選に伊勢原市選挙区から、15年4月の県議選に藤沢市選挙区からそれぞれ立候補した経歴がある。

出典:https://www.kanaloco.jp/

こちらの記事でも、飲食店を経営していたと記載されていますね。

 

調べてみると、小林容疑者は有限会社かじやの代表だったと判明しました。

有限会社かじやは、2015年10月に法人番号が指定され会社が登記されています。

しかし、2016年9月には閉鎖となっています。

従って、現在の飲食店経営者かについては不明です。

 

また、情報が入れば追記したいと思います。

世間の反応

親兄弟の不祥事で関係ない家族に非難が向かうのは良くない風潮だと思っていたが、さすがに今回の件は市長が辞めざるを得ないかもしれない。任期が近いなら再出馬で信を問うこともできるだろうけど、個人のために再選挙は税金の使い方としてナシだし、かといってしばらく居座ればそれはそれで支持は得られないのでは。地元の判断が気になる。

 

専業議員一家のようですね、自分に都合よくルールを変えたりしてるようですし、親兄弟の立場も顧みないような犯罪をするって相当危険な人物だと思いますが、この方も議員になってた可能性もあるわけですよね。 世襲議員が増えると民主国家ではなくなりますね。分断されたり 言いたいことも言えない世の中ポイズンでいいなら、選挙の時だけ調子の良い方に投票し続ければいいのでは?

 

厚木市長の次男が不正受給関与グループのリーダー格だろうと見られる事で逮捕された事に対して県民や市民に対してどの様な態度を示すのだろうか? 謝罪/減俸/停職するだけでことを済ますだけの問題では無いと思う。 市民の反感を買う前や辞職勧告決議(もしくは辞職勧告決議案が出たら)になる前に辞職した方が無難だと思うが… 息子のした行為は親にも多少なりとも責任はある筈。 親がお偉い方で息子の非道な行為を警察に揉み消しにかかる様、依頼とかしたらそれはそれでまた問題になる。 今後の動向が気になる…

 

厳罰にして欲しい。 持続化給付金の時は、迅速さが最優先で、不正に対する法整備等は二の次なところがあった。ある程度は性善説に基づかれていた。法律通り、規則通りでは遅すぎるという当時の判断があったと思う。 そこにつけ込む不正は、タチが悪いよ。 そりゃ法治国家だから、感情的な処罰はダメだと思うが、 でも昔の日本ならこういうときに、村八分や袋叩きがあり、それを恐れてみんな目立つことや周りに迷惑をかけることをしなという前提があった。良し悪しは別として。 そういう前提があるのに、 それに対する不正の処罰は法律通りだけですというのも何かおかしいと思う。