【続報】河本千奈ちゃん|園バスで熱中症死亡事故!運転手の名前や顔は?職員確認せずか?園の過失は?

5日午後に幼稚園バスの中で意識不明の状態で発見されたのは、河本千奈ちゃん(3)ということがわかりました。

この事故が起こったのは、牧之原市の私立川崎幼稚園です。

 




 

 

千奈ちゃんは、朝、バスに乗り込み登園しましたが、8時50分ごろ、園に着いたバスの中に取り残されていたとみられています。

死因は熱中症とされています。

2021年には福岡県で、同じように園バスの中に取り残された園児が死亡するという事故がありました。

なぜ、くり返されてしまったのでしょう。

 

 




 

報道内容

 

幼稚園であってはならない事故が起きました。 5日午後、静岡県牧之原市の幼稚園の送迎バスで女の子が倒れているのが見つかり、病院で死亡しました。朝、バスから降ろされず取り残されたと見られています。 警察や消防によりますと5日午後2時10分頃、牧之原市静波にある川崎幼稚園で送迎バスの運転手が帰りの出発の準備をしていたところ、バスの車内で園児が倒れているのを見つけました。 倒れていたのは3歳の女の子で救急車で病院に運ばれましたが、約1時間後に死亡が確認されました。熱中症と見られています。 幼稚園の70代の男性園長によりますと午前8時50分にバスが到着したあと、女の子はバスの中に取り残されたと見られるということです。 バスは園長が運転手をつとめ、70代の派遣職員の女性が助手席にいました。 園長は「バスの中に取り残された人がいるか、確認したかどうかわらない」と話していて、警察と消防が詳しい状況を調べることにしています。 到着したバスには死亡した女の子を含めて園児6人が乗っていました。幼稚園で子供たちをおろしたと考え、駐車場にバスを移して車を止めたということです。 その後、帰宅時間になってバスを移動させる際に女の子が発見されました。 警察は業務上過失致死の疑いを視野に捜査を進めることにしています。 また県も指導監査による立ち入り調査を検討しているということです。 去年7月に福岡県の保育園で5歳の園児が送迎バスに取り残され死亡した事件では、バスから園児をおろす際に確認を怠っていたことがわかっています。 厚生労働省などは去年この事件を受けて、幼稚園などでの子供の欠席連絡などについて、職員の間で情報を共有することや子供の人数の確認についてダブルチェックの体制をとるなど、安全管理を徹底するよう自治体などに通達していました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

事件の速報についてはこちらとなります。

 

川崎幼稚園バスに置き去りか?3歳女児が死亡!原因は熱中症か?車内温度は?幼稚園の対応は?

 

速報の時点では、名前は報道されていませんでしたが、河本千奈ちゃん(3)であることがわかりました。

運転していたのは、この幼稚園の園長だったということです。

千奈ちゃんを含めて、園児は6人。

助手席には、派遣職員の70代の女性が乗っていたこともわかりました。

園長は、

「バスの中に取り残された人がいるか、確認したかどうかわらない」

と話しているということです。

警察は、業務上過失致死容疑を視野に捜査を進める方針です。

 

 




 

園長の顔や名前は?

 

園のHPによりますと、理事長兼園長として

増田立義さんであることがわかります。

その他の情報は報道されていませんので、顔画像など掲載は控えたいと思います。

また詳細がわかりましたら、追記したいと思います。

 

園長についての詳細はこちらです。

 

川崎幼稚園の園長の名前や顔は?経歴は?【川崎幼稚園】

 

 




 

事故の状況は?

 

午前8時50分にバスが到着したあと、女の子はバスの中に取り残されたと見られるということです。

バスは、屋根のない屋外の駐車場に停められていたことようです。

その後、午後2時10分ごろ、園児の帰りの出発の準備をしていたところ、バスの中で発見されたということです。

朝、バスに乗って登園したということは確認されていますので、発見までおよそ5時間、バスの中に閉じ込められていたということになります。

女の子が幼稚園のバスの中に残っていたかどうかの確認について、園長は取り残された人がいないか確認しておらず、他に同乗していた女性スタッフが確認したかどうかもわからないと話している。

バスの中を確認することは、もちろんですが、教室にいないのであれば、欠席かどうか保護者に連絡するということはなかったのでしょうか?

このように確認や連絡を怠らなかったら、この事故は防げていたはずです。

残念でなりません。

この園に子供を通わせている保護者の方は不安で仕方ないと思います。

 

福岡での事故の後、危機管理を徹底するということはしなかったのでしょうか。

厚生労働省などは去年この事件を受けて、幼稚園などでの子供の欠席連絡などについて、職員の間で情報を共有することや子供の人数の確認についてダブルチェックの体制をとるなど、安全管理を徹底するよう自治体などに通達していました。

このような体制は整えていなかったのでしょうか?

 

捜査で明らかになると思います。

続報を待ちたいと思います。

 

 




 

世間の声は?

 

保育士をしています。保育園勤務なので園バスはありませんが、以前同じような事件があった際、全クラスで誰が来ていないか確認し園長先生に報告していこうと決めました。今はアプリなどで出欠確認も出来て楽にはなってきましたが、やはりこちらでも報告・連絡・相談はとても大事なことだと改めて思い知らされました。もう、このような事件が起こらないことを願います

 

また起こってしまいました。3歳の女の子が5時間も、苦しくて悲しかったでしょう。ご冥福を祈ります。バスには園長と派遣職員の女性が同乗していたとのこと。2人いることで、どちらかが確認しているだろうという考えが無意識に働きます。 「誰かが」でなく、「誰が」確認するのかを徹底することが大事です。各園で今一度、体制を見直していただきたいです。二度どこのような事故を起こしてはなりません。

 

取り残されたお子さんを思うととても悲しく、暑くて苦しくて怖かったことでしょう。 乗車していた職員だけでなく、担任含め誰も欠席してることに気づかなかったのでしょうか?今は特にコロナもあり出欠確認はしっかりやると思うのですが。ただ、人がやる以上今後も起こる可能性はあるので、ICTでカバンなどにタグをつけて保護者と園両方に登降園通知するようなシステムを国が導入したほうがいいと思います。

 

またか!ふざけんな! たった6人しか乗ってないのに、見落とししたのか?信じられない。 どんな管理してるのよ、悲しい事故があったばかりなのに、全く自己意識なく危機感なく漫然と業務をこなしているのな。ほんと園も認可与えた行政もきっちり責任取って、再発防止と言うかなんかもう目に見える形で変えるものは変えて欲しい。