福山市小学校の女性教諭|「地球から消えてほしい」暴言や暴行!不適切な指導で生徒は不登校!教諭の顔や名前•学校は?

広島県福山市の小学校で、女性教諭が6年生の児童に、暴言を吐いていたことがわかりました。

この児童は学校に通えなくなっているということです。

 

 




 

 

学校は、保護者に対して謝罪を行なったということですが、女性教諭は一部を事実と認めていないということです。

何があったのか、調べてみたいと思います。

 

 
 




 

報道内容

 

教育現場のみならず大人が子どもに言うべき言葉なのか耳を疑うニュースだ。福山市の小学校の女性教諭が担任として受け持つ児童に対し「地球から消えてほしい」などと暴言を吐き、学校側が児童の保護者に謝罪していたことが分かった。児童は不登校の状態にあるという。 福山市教委は広島テレビの取材に対し、福山市の小学6年生のクラス担任の教諭が、特定の男子児童に、不快な思いをさせる発言をしていたことを認めた。学校側は発覚後、6年生の全児童にアンケートと聞き取りを実施。保護者によると、その結果、担任の女性教諭が児童に「地球から消えてほしい」などの暴言を吐いたほか胸ぐらをつかんで、廊下に出したことがあったといった声が複数あがったという。その後、担任の女性教諭は校長や市教委の担当者とともに男子児童の保護者に対し、謝罪した。一方、女性教諭はアンケートなどで複数あがった証言について、その一部を、事実と認めていないという。児童の保護者は「児童のせいにするのではなく事実を証言して欲しい」と話している。男子児童は、現在不登校の状態が続いており市教委は、「引き続き事実確認を進め、当該の児童が元気に前向きに登校できる状況を作っていく」としている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

広島県福山市の小学校において、女性教諭が6年生の児童に対し、暴言を吐いていました。

「地球から消えてほしい」

このような暴言であったことがわかりました。

この生徒は、教諭を恐れ、現在登校できない状態になっているというとです。

 

 児童の保護者によると、教諭が4月に担任になって以降、宿題を忘れるなどした際に「地球から消えて」「顔も見たくない」などと暴言を吐かれるようになった。廊下で胸ぐらをつかまれてドアに肩を押しつけるなどされたという。

市教委は保護者の訴えを受け今月1日、6年生全員に緊急アンケートをした。複数の児童が、男子児童が女性教諭から同様の発言をされた状況などを記入した。教諭が男子児童の胸ぐらをつかんでドアに押しつけた際に「ドーン」という音がした、とつづった児童もいる。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

こちらの報道によりますと、暴言だけではなく暴行もあったと思われます。

この児童は、6年生の男子生徒であることがわかりました。

保護者の訴えを受けた学校が6年生全員に緊急アンケートを行い、この件が明るみに出たようです。

暴言などが、いつごろ行われていたのかはわかっていませんが、学校の対応も遅いような気がします。

不登校になったのもいつ頃からなのでしょうか?

 

 
 




 

女性教諭の顔や名前は?学校はどこ?

 

 

この女性教諭について調べてみましたが、現時点では名前や顔画像、年齢もわかりませんでした。

また学校についても、福山市内の小学校ということのみの報道となっています。

児童が特定されてしまうなどの理由から、もしかしたらこれ以上の報道はないかもしれません。

新しい情報が入れば追記したいと思います。

 

 
 




 

学校の対応は?

 

この児童の保護者からの訴えを受けて、学校は6年生全員を対象として緊急アンケートを行いました。

アンケートの結果、学校が不適切であったと保護者への謝罪を行なっています。

アンケートには、男子児童が

「地球から消えてほしい」

というような暴言を受けていたことを、複数の生徒が記入していたようです。

また、胸ぐらを掴んでドアに押し付けるなどしていたこともわかりました。

そのさい、『ドーン』という音がしたと書かれていたということです。

わざわざアンケートに記入するということは、かなりの大きな音がして生徒の印象に残っているということだと思います。

この時怪我はなかったのでしょうか?

女性教諭や校長は8日、不適切な言動などがあったとして保護者に謝罪しています。

ですが、市教委によると、男子児童の訴えと女性教諭の説明には食い違いもあるということです。

女性教諭はアンケートなどで複数あがった証言について、その一部を、事実と認めていないといないようです。

このように、多くの生徒が同じ証言をしているのに、認めていないということには驚きました。

 

保護者の方は、

「息子は当初、教諭を恐れて打ち明けなかった。同級生たちの証言で把握できた」

「児童のせいにするのではなく事実を証言して欲しい」

と話されています。

 

市教委は、「引き続き事実確認を進め、当該の児童が元気に前向きに登校できる状況を作っていく」としています。

隠蔽されることなく、しっかり事実確認がされることを切に願います。

また、この児童の心のケアも必要だと思います。

 

 
 




 

世間の声は?

 

地球から消えて欲しいは無いよね。六年生なのだから一度注意をして聞き入れて貰えなければ逆にスルーのほうが良かれかも知れない。何もしていなければ注意をする事もそもそも起こらない。それのほうが良いと思います。学校にこれなくなるよりは良いとも思います。排除するよりも教育よりも一度は注意をして終わる事で良いのでは。地球云々ではなくてそれで言いと思います。余計なセリフは要らないし一度注意をして理解できないのなら終わる。それでもこんな事より良いのでは。

 

この女性教員は今まで、そのやり方でクラスを制圧してきて、間違った成功体験を積んできたのでしょうね。高学年なら教員に反抗しやすいし、発達課題がある子は尚更に難しい部分もありますが、その方法が通用しないこと、認められないことが分からなかったのかなと残念に思います。 宿題できなくても別にいいのに。怒りのハードルを下げて、その子に必要なことは何なのか考えてほしかったです。

 

まるでイジメみたいな暴言に呆れます。教師の資格ない。 子どものクラスも半分近くが宿題を出さなかったりするらしいです。 それは親も悪いかなと思います。 ちゃんと見てあげて、宿題は終わった?とか言わないのかなって。 そんな時間がない保護者もいるとは思います、もちろん。 でも、やっぱり子どもが忘れ物したり、宿題をしてこないなら、親にどうにかしてほしいと言うべきで、子どもに暴言を吐いて解決するものではないです。 先生によっては、お昼休みとかに宿題を見てあげる先生もいます。 先生の負担ばかりが増えるのもいけないけど、暴言はやめてあげてほしい…いくら悪いのは自分だと分かっていても、すごく傷つくと思います。

 

どういう経緯でその発言が出たのか? 仮に他の子を巻き添えにした上で迷惑をかけていたからこういった強い言葉が出たのなら、言葉はまずいけどその児童に問題がゼロとは思えない。 モンペを助長させかねない対応をせず、前後関係を学校はきっちり調べた方が良いのでは。