【観光バス横転事故】クラブツーリズム•美杉観光バス両社長謝罪!事故は運転手の経験不足?事故原因は?<ふじあざみライン>

13日正午ごろ、静岡県の<ふじあざみライン>で観光バスが横転した事故について、観光ツアーを主催した、クラブツーリズムとバス会社の美杉観光バスの両社長が会見を開きました。

 




 

 

両社長とも、冒頭謝罪をしています。

現時点で分かったことをまとめてみました。

 

 




 

報道内容

 

3日正午ごろ、富士山5合目につながる静岡県小山町の県道で大型観光バスが横転し、70代の女性1人が死亡、3人が重傷となっています。このバスの観光ツアーを主催していた、都内の旅行会社では13日午後5時半ごろから記者会見が行われています。 横転事故を起こしたバスの観光ツアーを主催する旅行会社「クラブツーリズム」とバス会社の「美杉観光バス」の記者会見が午後6時現在も続いていて冒頭、それぞれの社長が謝罪しました。 クラブツーリズム・酒井博社長 「旅行主催会社といたしまして、誠に申し訳なく深くおわび申し上げます」 美杉観光バス・吉田典弘社長「亡くなられた方にご冥福をお祈りするとともに、遺族の方に大変申し訳なく、そしてケガをされた方、関係者の方に多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」 冒頭、クラブツーリズムの酒井社長とバス運行会社の吉田社長の謝罪から記者会見は始まりました。その際、吉田社長は時折言葉を詰まらせる場面も見られました。その上で、警察の捜査に誠心誠意協力し被害を受けた方々には最大限の対応をしたいと述べました。 また、会見によるとバスの添乗員からの報告で、バスの運転手が「ブレーキがきかない」と話していたということです。 バス運行会社によると、13日朝時点では、バスや運転手に異常は確認されていないということです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

静岡県小山町須走の県道「ふじあざみライン」において、大型観光バスが横転し、70代の女性1人が死亡、3人が重傷となっています。

その他乗客も病院に運ばれており、怪我人などの詳細はまだ分かっていません。

 

このツアーは、クラブツーリズムが企画した日帰りの観光バスツアーで、実際のバスの運行は、埼玉・飯能市に本社がある美杉観光バスが委託されて行っていたということです。

この事故により、運転手の野口祐太容疑者(26)が、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されています。

 

野口祐太容疑者についてはこちらの記事にまとめてあります。

野口裕太の顔やFacebook・SNS!事故現場はどこ?|ふじあさみライン

 

バスは13日朝、埼玉県内を出発し、富士山の5合目に立ち寄ったあと、昼食に向かう途中で事故を起こしたとみられています。

朝の点検では、バスや運転手に異常はなかったということです。

 

 




 

社長の謝罪内容は?

 

クラブツーリズム・酒井博社長 「旅行主催会社といたしまして、誠に申し訳なく深くおわび申し上げます」

 

美杉観光バス・吉田典弘社長「亡くなられた方にご冥福をお祈りするとともに、遺族の方に大変申し訳なく、そしてケガをされた方、関係者の方に多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

両社長は、会見の冒頭でこのように謝罪しています。

美杉観光バスの吉田社長は、時折言葉を詰まらせていました。

その上で、警察の捜査に誠心誠意協力し被害を受けた方々には最大限の対応をしたいと話しています。

 

責任はどちらにあるのでしょうか?

捜査の過程で判明してくると思われますが、両会社が捜査に全面的に協力する意向を示していたので、まずは事故原因の解明が先決かと思われます。

 

事故原因についてはこちらにもまとめてあります。

【バス横転事故】「ブレーキが効かなかった」事故原因は重なったミスか!

 

 




 

運転手の責任は?

 

今回運転していたのは、野口祐太容疑者(26)です。

観光バスの運転手としては若いという印象を受けました。

捜査関係者によると、野口容疑者は、

「ブレーキが利かなくなった」

といった内容の供述をしているということです。

考えられる原因としては、ブレーキの使い過ぎによる「フェード現象」がおきた可能性もあると指摘されています。

事故が起きた現場は、カーブが多く、山道ということで、運転にはテクニックが必要なのではと感じました。

野口容疑者の勤務歴などは分かりませんが、年齢だけで考えると、経験が浅かったのはないかと感じられます。

 

原因が判明するまでには、時間がかかるかと思われます。

続報が入り次第、追記したいと思います。

まずは、亡くなられた女性のご冥福をお祈りし、怪我にあわれた方が早く回復されることを願います。

 

 




 

世間の声は?

 

 

フェード現象やペーパーロック現象が生じていたのかも知れません。外部にブレーキの効きが悪いと連絡する時間があったようでので、今後の安全運行のためにも、躊躇なく運行を中止し、安全を確保する体制が必要なのではと考えます。

 

運転手の年齢が26歳。大型二種免許取得後、観光バス経験が浅い中、中型バスで慣れさせず、大型バスでツアーに出すなど相当な無理がある。

 

逮捕された運転手(26) どれだけの経験があるか? あれだけの道は 日光方面の道でベテランさんが苦労する事と同じぐらい それなりのテクニックがないと…。 法面の反対側は斜面に見えるし。

 

フェード現象と思いますが… それに至る経緯を解明していかないといけないと思います。 フットブレーキを多用しなければならなかった原因を調べてそうならない様に周知していかなければ似たような事故が起こると… 運転が未熟で乗用車の感覚でフットブレーキを多用していたとかツアーの行程が厳しくスピードを出さなければならずやむを得ずフットブレーキを多用していたとか後にバスや乗用車が連なっていたのでスピードを出すためにフットブレーキを多用していたとか… 下り坂はスピードが出そうな感じがしますが大型車はフェード現象を避ける為にエンジンブレーキや排気ブレーキを使ってなるべくフットブレーキを使わない様な運転をするのが基本であり軽井沢の事故を教訓として運転していますから、大型車がゆっくり坂を下っていても煽る様な行為はやめて欲しいと思いますし下り坂を走行する時はいつも軽井沢の事故を思い出して欲しいと思います。

 

ふじあざみライン。富士山須走口五合目まで見た目以上に勾配がきついし距離も長い。夏に登山する際は定期バスを利用していると、登りも下りも技術が必要で苦労しているのがよくわかる。 馬返しから先は勾配が更にキツく、五合目から事故現場手前の馬返しの下りは直線で勢いがつきやすい。経験が浅い観光バス運転手では技術的に心配になる。何故彼をアサインしたか会社の運行管理基準なども疑問だ。