江畑幸子さん結婚!お相手は高橋駿!経歴や学歴は?

バレーボール女子元日本代表の江畑幸子さん(32)が結婚したことを発表しました。

お相手は、Vリーグ女子1部の姫路でコーチを務める高橋駿さん(32)です。

お二人についてまとめました!




報道内容

バレーボール女子元日本代表アタッカーの江畑幸子さん(32)が19日、自身のインスタグラムと所属事務所「スポーツビズ」を通して、結婚したことを発表した。お相手はVリーグ女子1部の姫路でコーチを務める高橋駿さん(32)で、8月29日に婚姻届を提出した。江畑さんは「一緒にいると自然でいられますし、波長や笑いのセンス、香りの好みも合う方です。何よりポジティブで、自ら海外に足を運んで強豪国のバレーボール事情を勉強するなど行動力があるところも尊敬しています」とコメントした。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

バレーボール女子元日本代表アタッカーの江畑幸子さんが

自身のインスタグラムと所属事務所を通して、結婚したことを発表しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukiko Ebata(@ebata_yukiko)がシェアした投稿

インスタのコメント欄には多くの祝福メッセージが寄せられ、

多くの元日本代表選手も祝福しています。

おめでたいニュースですね!

お二人のプロフィールをまとめてみました。




江畑幸子さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukiko Ebata(@ebata_yukiko)がシェアした投稿

名前:江畑 幸子(えばた ゆきこ)

生年月日:1989年11月7日(32歳)

出身地:秋田県秋田市

身長:177cm

体重:67kg

血液型:B型

ポジション:アウトサイドヒッター

 

江畑さんは、秋田県のバレーボール一家に育ちました。

 

小学3年生からバレーボールを始め、

監督からのオファーで聖霊女子短大付属中学に進学しました。

高校時代は主将として活躍しています。

 

2008年に日立リヴァーレに入団し、アウトサイドヒッターとして活躍します。

 

2010年に全日本代表メンバーに登録し、

8月にはチーム最年少で世界選手権に出場しました。

2012年のロンドンオリンピックでは、28年ぶりのメダルに大きく貢献し、

日本中から注目されました。

 

しかし、2021年に惜しまれつつも現役引退を発表し、

その後はバレーボール普及のために、

メディア出演や試合解説、イベント活動などを行なっています。




高橋俊さんのプロフィール

名前:高橋 駿(たかはし しゅん)

生年月日:1990年1月13日

出身地:熊本県山都町

身長:186cm

体重:75kg

 

高橋駿さんは、鎮西高校・中央大学出身です。

鎮西高校はインターハイ優勝・準優勝の経験が多数ある、

バレーの強豪校として有名です。

 

2012年から2015年はFC東京で背番号16番のセッターとして活躍しました。

2016年には世界クラブ選手権の女子フィリピンコーチとして活動し、

2017年からはヴィクトリーナ姫路のコーチとして活躍しています。

Twitterではコーチを務めるヴィクトリーナ姫路のアカウントが、

高橋さんの結婚祝福ツイートをしています。




世間の反応

江畑さんおめでとうございます! 自分自身はバレーには詳しくないのですが、それでもゲームを観るのは大好きで江畑選手の現役時代ももちろん応援していました。 ゲームの雰囲気を変える、力強く切り込んだアタックが印象的だったように覚えています。末永くお幸せに!

 

大和撫子がバレーボール選手になった印象でした、その頼れる出で立ち 活躍から、母性本能に満ちた頼れる一番上のお姉さんを重ねてました、 名前どうり一番幸せな子になって欲しい、高橋さん責任重いぞ、 今後お二人が指導者としてご活躍される事を願い、二世(男でも女でも) がどんな才能を受け継がれて成長(もちろんバレーボール)されるか楽しみ です、末永くご多幸をお祈り申し上げます。

 

ロンドンの江畑幸子さんは、世界から恐れられる存在だった。難しいときこそ、自分にトスを集めて、と本人も発言しており、無双状態を自覚していたのだろう。スパイクのパワーも世界のパワーヒッターに引けをとらず、好調時は木村さんを凌駕していた。二部リーグから全日本に抜擢した監督も眼が有った。全日本でもっと長く活躍してほしかった人です。